女性用育毛剤の選び方

育毛剤の選び方

抜け毛や薄毛対策のためには育毛剤を使うことがとても大切ですが、何を選んでも良いわけではありません。実は、使うことで逆に頭皮への刺激が心配されている育毛剤も販売されているので、注文する前には十分注意する必要があります。

具体的に、頭皮への刺激が心配な育毛剤の特徴をご紹介しますので、チェックしてみてください。

要注意な育毛剤の特徴まとめ
・添加物がたくさん入っている
・有効成分が配合されていない
・男性専用の育毛剤・発毛剤
・海外メーカーの育毛剤・発毛剤

要注意な育毛剤1:添加物がたくさん入っている
育毛剤やシャンプーとは違い、洗い流さずに頭皮に塗布したまま使います。そのため、香料や着色料などの添加物がたくさん入っているのは要注意!

これらの添加物は、少量配合されておりすぐに洗い流すなら特に問題はありません。
しかし、育毛剤のように何時間もつけっぱなしにする場合、頭皮への刺激が心配されているのです。頭皮への刺激が心配されている成分はいくつかあります。

育毛剤を選ぶ時は、できるだけ「無添加」のものを選び、刺激が気になるなら「パッチテスト済み」のものを選ぶと間違いありません。敏感肌だったり、肌が弱い場合、そういった育毛剤を選ぶことで自分に合った育毛剤が見つけやすくなりますよ。成分表をチェックしてみて、添加物がたくさんある場合は注意するようにしましょう。

育毛剤でよく聞くミノキシジルは女性にもいいの?

育毛や発毛効果が期待できるミノキシジルですが、女性の薄毛すべてに効果があるわけではありません。ミノキシジルの効果が期待できる女性の薄毛は、びまん性脱毛症(FAGA・女性男性型脱毛症)です。
びまん(瀰漫)とは、“広範囲に広がっていく”という意味で、その名の通り頭全体の髪が減っていく脱毛症を指します。別名、女性男性型脱毛症(FAGA)と言い、男性型脱毛症(AGA)の女性型です。男性のAGAは、生え際やつむじといった特定の部位から髪の毛が減るのに対し、FAGA(びまん性脱毛症)は頭全体の毛が少しずつ薄くなるのが特徴です。全体的に毛量が少なくなるので、ヘアセットでカバーすることが難しく、頭皮が透けて見えてしまいます。

びまん性脱毛症(FAGA)の原因は一様ではなく、数多くの要素が関係しています。

びまん性脱毛症の原因
・過度のストレス
・極端なダイエット、食生活の乱れ
・産後のホルモンバランスの変化
・代謝異常
・貧血 など

女性の場合、ホルモンバランスの変化などは男性よりも複雑なので、原因を追求するのが難しいとされています。そのため、生活習慣や頭皮環境などできるだけ考えられる原因を対策してからのご使用をお勧めします。
おすすめ女性用育毛剤 トリカA&H 効果